水道管凍結

雪のシーズンになるとこわいのが水道管のトラブル。
特に水道管が凍結するとよくあるのが凍結です。

最悪なのは室内にまで水漏れが発生し、マンションの他の部屋にまで浸水させて損害賠償が発生することも。

そこでトラブルを発生させないための、予防法や対策をご紹介します。

 

 

 

水道管凍結防止

冬になると寒さでトラブルが発生します。 代表的なのが、水道管の破裂です。
水道管の凍結はマイナス4度以下になると発生すると言われています。

しかし風が強い日などは、マイナス2度でも水道管が膨張し、破裂することもあります。

水道管の破裂を防止する方法は、水をチョロチョロ出す。
水は動いていると氷になりにくいので、ギリギリの外気温の場合に効果があります。

 

それでも心配なので、カバーくらいは必要かもしれません。

アルミガラスクロステープ/50mm×20M/強粘着/保温 保冷 耐熱 目地

新品価格
¥1,450から
(2019/1/12 12:42時点)

 

ただこれも東北地方など、マイナス気温が数日ある場合は厳しいかもしれません。
​その場合、「水道凍結防止帯」や「水道管ヒーター」が必要です。

 

 

 

たまにマイナス気温になり、屋外の水道管が少ない場合に効果的です。
​マイナス気温の日数がおおかったり、水道管の構造が複雑な場合は心配です。

 

水道管凍結防止作業

 

プロに依頼して、的確な箇所に最適な方法で施工してもらうのがベストでしょう。
たとえばこちらです→【イエコマ・水道管凍結対策】

 

 

水道管凍結対策

自宅や職場はよいとして、最近ふえているのが空き家や所持物件だけど人が住んでいない場合です。

この場合も、水道管に亀裂があるだけでも無駄な水道代になったり、水漏れによって近隣への漏水のリスクがあります。

 

水道管の凍結からの破裂は、保険の対象になる場合があります。
火災保険の商品で「水道管修理費用保険金」がついているものです。

火災保険は台風などの災害も対象になるので、補償の契約内容を確認されておくとよいでしょう。

 

 

 

水道管凍結 破裂

すでに破裂してしまっているなら、修理をするしかないですね。

でも水道代もかかりますし、他の箇所へ水漏れが発生するリスクがあります。
修理するまでは、応急処置をしておきます。

 

応急処置の方法は、水道管にタオルとビニールで固定しましょう。
破損箇所にタオルを巻き付けまず。
そしてその上からビニールテープなどで固定しましょう。


自宅の敷地内であれば、水道修理業者に依頼することになります。
敷地外なら、水道局の管轄なので連絡してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
 



ページトップへ