熱中症

熱中症

家族や子ども暑さから守るための予防と対策。猛暑日が当たり前となった日本では、夏場に体温調整できないことはリスクです。

おすすめ通販 > 熱中症

熱中症 症状


熱中症の体表的な症状は、クラクラするめまい、気を失う失神、ガンガンと響く頭痛、胸がむかつく吐き気、全体的に気分が悪くなる、ぼーっとして体温が高くなる、歩く走るだけでこむら返りなど、体のさまざまな場所で色々な症状があらわれます。

この季節のニュースでも増えるように、最悪は死亡してしまう例もあります。 油断をしていなくても手遅れになることもあるので注意深くて正解です。いつもは大丈夫でも日頃の体調リズムがありますから、誰でも危険はあります。

熱中症で何より怖いのは、体温が高いままだと脳も働かないのでぼーっとしてしまいます。 そのため体の一部に不調があっても気がつけずにどんどん症状が悪化してしまうことです。

熱中症予防


熱中症を予防するには、大前提として体温を上げないことです。 体温があがることで神経系統の働きが鈍くなり、細胞の活動を行えなくなります。 活動を行えなくなったところに症状がでるだけなので、前提として冷やす(というより体温を上げない)ことです。

夏場のお風呂なども大変危険です。入浴中の志望者は年間1万7000人を超えるとも言われ、交通事故よりも大井野で気をつけましょう。ただ夏場に熱い風呂に入る人は少ないので夏場の入浴死者は少なめです。

それよりも怖いには、アスリートや高校生が運動中に死亡するなど、健康で強靱な肉体を持っている人でも亡くなってしまうことです。 暑さにはそれだけの威力があるので、油断はしないようにしましょう。

熱中症対策

熱中症対策の基本は、暑いところへはいかない。 外出しない、運動しない。 日陰や風通しのよいところへ行く。 というまずは暑さをさけましょう。 これらができたらその次に、汗で失われる水分の補給です。 優先順位はあくまでも、暑さを避けたあとです。

通気性のよい服装を心がけたり、重い荷物を運ばないようにするなど筋肉を使わないようにするのも大切です。どうしても避けられない場合は、休み休み、ムリをしないように慎重に行いましょう。

その際冷感グッズを利用して首回りの血管を冷やして、全身の体温が上がらないようにするのも効果的ですよ。

熱中症 トップへ戻る