動体視力

動体視力

スポーツに必要な目の能力。日常と違って素早い物でも見極めるためには動体物を見極めるスキルが必要です。

わくわく通販 > 動体視力

動体視力


パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

最近ではパソコンなどの普及で目の疲れを訴える人が増えてきました。疲れるだけならまだしも、視力低下やドライアイなど日常生活に支障をきたす症状を訴える方も増えてきています。

見るというのは見るだけじゃないのか?と思うかもしれませんが、視野が広いなんていわれるように、より広い場所を見るのにも個人差がありますし、ちらっと見えた物を判断するのも個人差があるのです。

このように視力と言っても実は、目の良さにはいろいろな視点があります。 健康診断などではあくまで見やすい物を見るだけ、いわば眼球の状態をチェックしているだけなんですね。そりゃぁ眼球や脳が本来の目のコンディションが悪いと、トレーニングや回復法を行ってもほとんど効果が出ないので注意が必要です。ましてやスポーツなどで動体物を見極めるには、まずコンディションを整えましょう。

動体視力とは

スポーツビジョンなどに代表される、素早く動く相手やボールなどを見極める能力です。 前後左右に動く物にたいして、どれだけ見て認識できるかがポイントです。 スポーツの特に球技ではボールが前後左右に動くわけですから、特に運動用のスキルが求められています。

最近はカープ女子で注目を集めている広島カープなどは、昔からスポーツビジョンを練習に取り入れることで、優秀な打者を輩出していたと言われています。 カーレーサーやスキーやなどは、自分のスピード自体が早すぎるので、どれだけスピードの中で状況を正確に見ることができるか?というのが大切なのです。

一般的にも大型トラックの運転にも深視力という、走りながら車と車など前後の距離を測る能力が試験でも求められます。 車間距離に利用される検査があることから、安全面でも重要です。必要に応じた視力が色々あるということですね。

動体視力トレーニング

ズバリ、動体視力は鍛えられるのか?と言えばトレーニングによって能力をアップすることができます。 イチロー選手などは子どものころに、車のナンバープレートを一瞬で記憶する練習をしていたそうです。これは瞬間視というまさに一瞬だけ見た動体物を判断する能力のトレーニングになります。

スキーならカーレース、格闘技、野球、サッカー、バスケットなど競技の特性によって必要な能力が変わります。自分で練習するならば、必要な能力を鍛えられるように練習もきちんと選ぶ必要があります。

また、スポーツビジョントレーニンググッズも発売されていますので、本格的にトレーニングしたい場合はチェックしてみるとよいでしょう。

動体視力 トップへ戻る